【猿でもわかる】一人暮らしの初めてのインターネット

一人暮らしを始めるとき、悩む事の1つがインターネットです。

実家ではインターネットがあるので、なにも気にせずwifiを使えていたけど、一人暮らしになればインターネットも自分で用意しなければいけません。

でもインターネットに詳しい人って少ないですよね。

  • wifiが欲しいけどどうしたらいいの?
  • インターネットってどこで契約したらいいの?
  • キャッシュバックってもらっても大丈夫?
  • wifiルーターを買えばインターネットできるの?

など「初めての一人暮らしでインターネットをするためにはどうしたらいいの?」という人がインターネットをひくために、どうしたらいいのか疑問に思う事について書きました。

難しい話をできるだけ省いてインターネットのことについて書いたので読んでみてください。

本当に初歩の初歩から説明しますので、

インターネットってどうやってひくの?

まずインターネットにはインターネット契約工事が必要です。

NTTやdocomoなどの携帯会社やOCNなどのプロバイダと呼ばれている会社と、インターネットをつなぐための契約をしてさらに、携帯回線かもしくは光回線や電話回線のどれかで「通信すること」でインターネットができるようになります。

「通信すること」と書きましたが、実際には光回線は契約をすれば工事をしてくれるし、携帯会社と契約をすれば電波を拾って通信できるので実際にはすることはありません。

インターネットは水道で例えるとわかりやすいのですが、「家まで水道管を引いてくること」が「通信をすること」で「水道の契約をすること」が「インターネットを契約すること」と同じことになります。

水道はマンションまで来てるので、わざわざ水道管の工事をする人はいませんよね?(必要な場合もあるかもしれませんが)水道の開栓契約をすれば水道は勝手に使えるようになります。インターネットもこれと一緒です。

要するにあなたはインターネットの契約するだけで、あなたの家でインターネット(wi-fi)を使えるようになります。

ルーターを買ってくるだけではwifiは使えません

たまにルーターと呼ばれている、インターネットの電波を携帯やパソコンに飛ばす為のモノがあるのですが、たまに「ルーターを買えばインターネットができますか?」という質問があります。

ルーターは家まで来ているインターネットをパソコンやスマホやゲーム機に送るためのものです。なのでルーターを買うだけではインターネットは使えません。

また水道で例えると、ルーターは蛇口。家まで水道が通ってないのに蛇口をひねっても水が出ないのと同じです。

インターネットを無線でつなぐwifi

インターネットを無線で使うとき、特にノートパソコンやスマホや携帯ゲーム機(nintendoDSなど)と接続するときは線でつなぐより無線で使いたいですよね?

ん?インターネットは無線じゃないの?って思っている方いませんか?いると思います。

だって今は無線でインターネットをつなげるのが当たり前の時代ですからね。インターネットを無線でつなぐのは「wifi(ワイファイ)」と呼ばれています。wifiという言葉は聞いた事があるのではないでしょうか?

インターネットを契約するだけでは不十分で、家まで来ているインターネットをwifiルーターという「端末」を使って無線に変えて飛ばしてあげないと、スマホや携帯ゲーム機などでwifiを使うことはできないのですよ。

このように電波を飛ばして、スマホ・携帯ゲーム機・ノートパソコンでインターネットを無線でつなげるようにすることを「wifi環境を整える」と言います。

なので家でwifiを使うには、

  1. インターネット契約をすること
  2. wifiの環境を整える

という2つをすることでやっと家でwifiを使えるようになります。

要するに無線でパソコンにインターネットに繋いだり、スマホをwifiに繋いで通信容量のギガ数を気にせずにyoutubeを見たりできるようになるってことですね。

家にインターネットを繋いでwifiをができるまで結構めんどくさいと思いませんか?

あとで書きますが光回線にしたら工事も必要だし、モデムの設定とかもいろいろ大変なんですよ。

でも実は簡単な方法があってモバイルルーターを契約だけで、簡単にインターネットをwifiで使えるようになるんです。

モバイルルーターのすゝめ

僕は初めてのインターネットの場合はモバイルルーターをおすすめします。

なんてったって設定とか工事が楽で簡単だからです。

スマホから契約をしてそのあと端末(インターネットをつなぐための手のひらサイズの機械)が送られてくるから、それの電波をスマホで拾ってパスワード入れるだけ。

安いやつなら3000円以下で使えるし、通信制限が絶対いやだって人なら4000円ぐらいで無制限にwifi使えます。

パソコンが必要なオンラインゲームでもしないかぎり遅いと感じることはないし(スマホゲームは関係ないですよ)、動画はさくさく見れるし、動画より速度が必要なものはないからモバイルルーターで十分。

最悪の場合で実際に使ってみて速度が遅すぎる場合は、8日以内であれば無条件に解約できます

  1. スマホで契約
  2. 端末が届く
  3. wifiの設定

だけでインターネットが使えるようになるという優れもの。しかも持ち運びをして外でも使える。

モバイルルーターは無線で使えるインターネット

昔は固定回線といってインターネットは家に光ファイバーをひいてきてそこから、無線で飛ばすか有線でパソコンに繋いでインターネットにしていました。

また水道で例えるとどこにも繋がっていないのに、無限に水が出てくる不思議な蛇口みたいなものです笑

手のひらサイズの機械がインターネットの電波を受信して、それをスマホにwifiで送ってくれます。それがどこかと線で繋がっていなくてもできる。

簡単に言うと、手のひらサイズの機械を持っていれば家でも家の外でもどこでもインターネットができるってことです。

モバイルルーターのデメリット

モバイルルーターには1つだけデメリットもあります。

ほとんどの方には関係のないことなんですが、高画質オンラインゲームをするには、速度が足りないということ。

オンラインゲームってスマホゲームとは違いますよ。ちなみにスプラトゥーンやスマブラなどの任天堂のゲーム機のオンラインゲームはモバイルルーターでも大丈夫です。

パソコンやplaystationでやるような高画質のオンラインゲームってあるんですよ。美麗グラフィックとかって言われている分野ですね。そんな高画質オンラインゲームをするにはモバイルルーターでは速度が遅すぎます。光インターネットじゃないとできません。

だから高画質オンラインゲームを少しでもするんだって人はモバイルルーターはやめておきましょう。使い物になりません。

逆に言ってしまえば、高画質オンラインゲームをしないかぎりモバイルルーターで速度は十分すぎるほどあります。

光インターネットという選択肢がある

一人暮らしの場合で光インターネットを選択する理由は1つだけ。「高画質オンラインゲームをするため」だけです。

他にも大容量のデータを常にやりとりするような人も光インターネットにすべきですが、そんなことをしないといけない人はこのページを見ていないでしょう。

光インターネット(以下「光回線」とします)は高いと思われていますが、実際にはそうではありません。

光回線はマンションの場合の月額料金は4200円です。戸建だと5200円なのですが、一人暮らしで一戸建てに住む人なんていないので光回線の月額料金は実際には4200円と考えていいでしょう。

(月額料金は3800円なのですが、結局オプションなどで4200円になります)

インターネットを用意してwifiにするならもちろん無制限がいいですよね?通信制限がかかってしまうとインターネットの意味がない。そうなると、モバイルルーターの月額も4200円程度。

なので光回線とモバイルルーターの月額料金と同じなのです。

だから月額料金は光回線とモバイルルーターと比べたときに、メリットでもデメリットでもありません。

じゃあモバイルルーターと光回線のどこが違ってくるかっていうと、「速度」と「携行性」と工事などの「インターネットが使えるまでの面倒さ」が違います。

光回線の速度は最速

インターネットの話をする時にネットの速度は必ず話題になりますよね。

今存在するインターネットサービスの中ではダントツで一番速いインターネットは光です。これは間違いありません。最大で2Gbpsという速度です。まぁ数字は置いときますが、光回線を契約すれば速度で困ることはないでしょう。

月額料金も安いし、みんな光回線にすればいいじゃない?ってなると思いますが、実際にはそうはいかないんです。

  • 工事が必要
  • 持ち運びできない

というデメリットがあるんです。

光回線は工事が必要

光回線のデメリットの1つ目は工事が必要だということ。

マンションの場合は特に壁に穴を開けたりするような工事もしないので、特に工事に対して気にすることはありません。気にしないといけないのは

  • 工事費用
  • インターネットがすぐに使えない

ってこと。

まず光回線を契約すると工事費用が24000円以上かかります。キャッシュバックなどで相殺になるキャンペーンもありますが、モバイルルーターなら工事費用なしでキャッシュバックもらえますので工事費用の分出費は多くなります。

少しでも安くインターネットを使いたい人にとっては不都合な真実です。

さらに申し込んでからインターネット開通までに早くて2週間、遅いと半年ほどかかる場合もあります。しかもその期間は申し込まないとわかりません。(というか半年も待てる訳がない)

ですので今すぐインターネットが欲しい人には光回線はあまりおすすめできません。

モバイルルーターなら携行性がある

そして光回線は家でしか使えないところもデメリットです。

というのもモバイルルーターであれば、端末を持ち歩けばどこでもwifiにつなげることが可能です。外で動画を見たり携帯ゲームをしたりできるのはメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

どうしても速いインターネットが欲しい場合は光回線で

このように光回線にはデメリットも多くあります。でも高画質オンラインゲームをストレスなくしたい場合は光回線がいいでしょう。

インターネットの速さがどうしても欲しい場合は光回線がいいと思います。

逆に言えば「モバイルルーターで高画質な動画が見れるならそれでいいよ」って人はそんなデメリットを抱えてまで光回線にする必要はないのでモバイルルーターがおすすめですよ。

他にもあるインターネット

インターネットは光回線とモバイルルーターの他にも選択肢はあります。例えば

  • ADSL
  • ケーブルTV
  • スマホのテザリング
  • その他(ダイアルアップなど)

があります。

ADSLは電話回線を利用しているものだから遅いですし、ケーブルTVは工事が必要な上に光回線に比べたら遅いのでおすすめしません。

スマホのテザリングはいい方法だと思いますが、あまり使いすぎると通信制限がかかるのでwifiの意味があまりないのでこれもおすすめできません。

テザリングとはスマートフォンをモバイルルーターとして使う方法です。スマホからwifiで電波を飛ばしPCなどでインターネットをつなげるようにするためのものです。非常に便利なものです。

動画などはあまり見ないで、たまにインターネットにつなぐだけという人はテザリングの契約だけするといいと思いますよ。

ただし使いすぎるとすぐに通信制限にかかってしまいます。よくスマホを使っている人がよくいう「ギガがもうない」「通信制限にかかってネット見れない」と言っているのはこのことで、インターネットがとてつもなく遅くなってしまいますのでご注意ください。

いろんな選択肢がありますが、やはりおすすめは光回線かモバイルルーターです。

3000円以下で使用できるインターネット

これまで快適性を求めて、4000円程度のインターネットをおすすめしましたが、安く抑えようと思えばインターネットは安く抑えることもできます。

もちろん安いのは安いなりの理由がありますが、デメリットを理解した上で利用するのならそれもありだとおもいますので紹介しておきます。

スマホのテザリング

安く使う方法の1つ目はテザリングです。

スマートフォンをモバイルルーターとして、利用するというもの。携帯会社とのオプション契約が必要になるので携帯ショップに行って「テザリングを使いたい」伝えれば契約を変更してくれるでしょう。

docomo・softbank・auの3社がありますが、すべての携帯会社で契約することができます。テザリングオプションというものをつけないといけないのですが、それぞれの料金は以下の表の通り。

[table id=2 / column_widths=”34%|33%|33%”]

まぁ現時点ではキャンペーンがあって、無料にしてますけど2018年3月以降はちゃんとお金をとりますよという意味。でも安くでwifiができるのはすごくいいですよね。

でもこのテザリングの問題点はスマホの通信容量を使ってしまうということ。

現時点でスマホの通信の容量が7GBまでになっている人が多いと思います。その通信容量でテザリングして動画でも見ようものならすぐに通信制限にかかってしまう可能性があります。

通信容量を20GBにできるギガモンスターなどもありますが、通信制限があるのは変わりないですし、好き放題に動画見ようと思うとまだ物足りないギガ数です。携帯料金もあがりますしね。

同じように料金があがるならモバイルルーターなら無制限にできますよ。

なのでテザリングはたまにパソコンでインターネットを見るだけという人にはすごくおすすめですが、

  • 普段から通信制限にかかってしまう
  • 動画もたくさんみたい
  • SNSもたくさん見る

という人はやめておいたほうがいいです。

格安simを利用してのモバイルルーター

テザリングと同じく格安simも安くで使えるwifiですね。

通信にはsimカードを使うのですが、そのsimカードは契約しなければ使えません。その契約だけを携帯会社などと比べて安く契約できる物を格安simといいます。

格安simは基本的にsimカードの契約のみの料金なので、端末は別途購入する必要があります。(端末代金込みのプランもあります)。

格安simではないモバイルルーターは、端末の購入代金も含めた月額料金だということですね。

月額3000円以下はザラにあります。月額1000円切るモバイルルーターも存在します。

1000円切るのは契約だけで、モバイルルーターの端末(スペックによって価格は変わりますが1万円~)を別途購入する必要がありますが。。。

しかも格安simは「安い=遅い」「安い=通信制限あり」のどちらかになります。

やっぱり安いものには理由があるんですよね。動画が止まったり、月の中頃に通信制限にかかるのが嫌な人は格安simは避けましょう。

「動画はそこまで見ないので速度はそんなにいらないけど、通信制限だけ避けられればいい」

という人には格安simの無制限プランがおすすめですよ。

パソコンは必要なの?

インターネットを契約するときにパソコンは必要かどうか。

答えは簡単。パソコンは不要です。

ルーターやモデムの設定(光回線の場合はモデムの設定が必要です)に、パソコンは必要ないですしインターネットを使う上でパソコンは必要ありません。

でもスマートフォンにCDの曲を入れたりするのには必要になったりするので、いつかはパソコンは欲しくなるとは思いますが。ただインターネットをするのにパソコンは必要ありません。

キャッシュバックって本当に大丈夫?

モバイルルーターを契約するとき、結構キャッシュバックの話が出てきますよね?契約すると30000円キャッシュバックとか。

キャッシュバックって本当にもらっていいの?なにかだまされてない?

はい。もらっていいんです。

同じモバイルルーターでも、光回線でも契約する選択肢はたくさんあります。その中で競争をするためにキャッシュバックがどんどん大きくなっていってしまっていますが、特にキャッシュバックでだまされたとか、詐欺だったということはありません。

ちゃんともらうことができます。

ただオプションに加入する必要があって、そのオプションは解約できるのですが、解約を忘れてしまうと月額料金が高くなってしまうので注意しましょう。(通信会社は解約のし忘れを狙っています)

オプションの解約だけ注意すれば、キャッシュバックをもらってデメリットはありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です